「floating ~漂流~」の歌詞・楽曲情報

John-Hoon

「floating ~漂流~」について

歌詞本文

揺れる想いが今 夜の海を漂う
僕は小さな船 空には星も見えず
きっとあなたは 穏やかな夢を見ているのでしょう
その唇も 白い肌も あずけた腕の中で

悲しい程にあなたを愛してる
心の声はただ闇に響いて
たどり着きたい でもたどり着けない
あなたの岸辺が 眩しすぎるから

一夜 一夜の波 飲み込まれそうになる
壊れかけの船は ぬくもりを探すけど
寂しさだけが 募るから もう支えきれなくて
いっそこのまま 深く深く海に沈みたい

悲しい程にあなたを愛してる
祈りはいつも風の中に消えて
たどり着きたい でもたどり着けない
あなたの笑顔が 優しすぎるから

悲しい程にあなたを愛してる
心の声はただ闇に響いて
たどり着きたい でもたどり着けない
あなたに溺れてしまうから

だけど
悲しい程にあなたを愛してる
祈りはいつも風の中に消えて
たどり着きたい でもたどり着けない
あなたの笑顔が 優しすぎるから

基本情報

タイトル floating ~漂流~
歌手名 John-Hoon
作詞者 酒井ミキオ
作曲者 酒井ミキオ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 PONYCANYON INC.(PC)(M)

リリース情報・記録

リリース年月日 2008年07月16日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

John-Hoonによる最新楽曲

John-Hoonの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「floating ~漂流~」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!