「酒と下戸」の歌詞・楽曲情報

東京事変

「酒と下戸」について

歌詞本文

目にもの見せて孤独な人
言葉で酔わせて溺れる程
ときめきを返せ多忙な人
欲を抱だかせて零れる程

噫、お前さんを征服したい
奥床しき教科書を全部廃棄処分しろ

「かつて登りし頂の景色が唯一の肴かな
(お前の観た山とは大したこと無い)」
と、云いたい僕は一歩も動かないのさ

目にもの言わす孤独な僕
言葉は覚えず歯を浮かす
耳をそばだて直ぐ塞ぐ僕
胸も焦がされずに憧れる

噫、お前さんを冒涜したい
この世の謙遜と色情に抹殺されろ

基本情報

タイトル 酒と下戸
歌手名 東京事変
作詞者 椎名林檎
作曲者 伊澤一葉
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:14
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2007年09月26日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

東京事変による最新楽曲

東京事変の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「酒と下戸」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!