ASHの歌詞・概要

シド

「ASH」について

歌詞本文

雨の雫みたい 迷いながら 落ちていく
それぞれの想い 選んだ道へ

ほらもうすぐ 黒い夜明けが 来るから

抱きしめた 夢の欠片が 痛いよ
信じることにさえ 臆病になった
こんな世界で 何を刻めるのだろう 試したい 今

絶望の未来 辿り着いて 塞ぎこみ
なけなしの勇気 握りしめてた

闇のアーチ 潜り抜けたら はじめよう

いくつもの 僕を 超えて生まれたよ
信じることでしか 強くなれない
こんな世界で 何を刻めるのだろう 僕たちの 今

「例えば 明日 灰になっても…」 言えないくらい
誰かのために 生きてみるのも 悪くないかな

抱きしめた 夢の欠片が 痛いよ
信じることにさえ 臆病になった
こんな世界で 何を刻めるのだろう 試したい

いくつもの 僕を 超えて生まれたよ
信じることでしか 強くなれない
こんな世界で 何を刻めるのだろう 僕たちの 今

この楽曲のアーティスト

シド

基本情報

タイトル ASH
歌手名 シド
作詞者 マオ
作曲者 御恵明希
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 KRE

リリース情報・記録

リリース年月日 2018年04月04日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

シドによる楽曲

「ASH」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!