星のラブレターの歌詞・概要

つるの剛士

「星のラブレター」について

歌詞本文

庭に出て 月あかりで あたたかい夜に
君に書いたラブレターを 読み直してみるよ
我ながら良く書けた文だ 三枚も書いた
コオロギが便せんに止まった 失礼なやつだ

君に会いに行くよ 君に会いに行くよ
愛してます 好きにしてよ 君に会いに行くよ

朝日通りは 夕飯時 いつもの野良犬たちが
僕の知らない君の話 時々聞かせてくれた
年をとって生命がつきて 星のかけらになっても
昨日聞かせた僕の歌 町中に流れてる

君に会いに行くよ 君に会いに行くよ
愛してます 好きにしてよ 君に会いに行くよ
「会いに行くよー!」

あんなに楽しかった夏休みだったのに
君のママとも仲良くなったのに

秋になって 冬を越えて サヨナラと言った
何十年 指折りかぞえて自転車に乗って

また君に会いに行くよ 君に会いに行くよ
愛してます 好きにしてよ 君に会いに行くよ

基本情報

タイトル 星のラブレター
歌手名 つるの剛士
作詞者 MIYA
作曲者 MIYA
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 2015年05月27日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

つるの剛士による楽曲

「星のラブレター」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!