いちばん好きな場所の歌詞・概要

シド

「いちばん好きな場所」について

歌詞本文

やぶれた夢の 続きが見れる 街の真ん中で
産声をあげた僕ら あの日から 今でも夢見てる

ステッカーだらけの部屋 明りを消して
スモークの香りの先 変わらないよ 高鳴る鼓動は

決めた 今すぐ君に会いに行こう
距離も 時も 越えて会いに行こう
いちばん好きな場所で会える 僕らは幸せだね

地下へと続く 細い階段 何度通ったっけ
アンプの擦れた傷跡 愛しさと苦さが こみ上げる

信じて貫いた歌 やがて響いて
重い扉は開いた 憶えてるよ 潤んだ景色を

いつか 負けそうなときは会いに来て
ここはいつだって温めとくから
今日のこと 忘れないで 僕らはひとつだから

いくつもの奇跡を重ねて ときには長い闇を抜けて
産声をあげたあの日から 終わらない夢を見てる

熱気 帯びてた ステージが
嘘みたいに 静まり返って
また次の夢 飲み込んでは 新しい歌 始まる

決めた 今すぐ君に会いに行こう
距離も 時も 越えて会いに行こう
いちばん好きな場所で会える 僕らは幸せだね

この楽曲のアーティスト

シド

基本情報

タイトル いちばん好きな場所
歌手名 シド
作詞者 マオ
作曲者 ゆうや
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 KRE

リリース情報・記録

リリース年月日 2018年08月22日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

シドによる楽曲

「いちばん好きな場所」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!