「すずかぜ」の歌詞・楽曲情報

安済知佳as首藤涼

「すずかぜ」について

歌詞本文

ああ 例え幾千の月日が
二人引き裂くとしても
ああ 切ない心だけが
昨日のことのように痛む

頬を撫でゆくのは涼風
今も変わらず優しくて
目を閉じたらそう夢の続き
愛しい人に会えそうで

今だって この世の
どこかで 誰かが 恋出逢うなら
過ぎ去ったものでも
もう一度 もう一度だけ
会いたくて 会いたくて

ああ そっと振り返るたびに
思い出 遠く霞んで
ああ そしてなにもかもが
いつしか また土に還る

懐かしい香りと涼風
堪えた想い解き放て
夕陽の影に しずく落ちて
愛しい声が聞こえたら

この景色儚く 揺ら揺ら
揺ら揺らして 薄れてく
約束はいつまで
どうして どうしたって
果たせない 守りたい

今だって この世の
どこかで 誰かが 恋出逢うなら
過ぎ去ったものでも
もう一度 もう一度だけ
会いたくて 会いたくて

基本情報

タイトル すずかぜ
歌手名 安済知佳as首藤涼
作詞者 中村彼方
作曲者 光増ハジメ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 2014年06月11日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

その他に関連する楽曲を見る

「すずかぜ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!