「待ちぼうけ港」の歌詞・楽曲情報

原田悠里

「待ちぼうけ港」について

歌詞本文

小雪舞い散る 波止場に立てば
海の男の 香りがするの
甘い言葉と やさしさに
燃えてつくした 女がひとり
帰っておくれと 波間に呼べば
霧笛がポーッと 泣く港

噂だけでも 聞きたいからと
今日も来ました 小雨の港
何も言わずに 肩寄せて
縞(しま)のジャケット 背中にかけて
握った手と手の あの温もりを
忘れてないから 耐えられる

恋の炎は 消さずにいるの
これも運命(さだめ)と 諦めながら
どこへ飛ぶのか 海鳥ヨ
遠い彼方に 面影うかぶ
も一度だけでも 逢いたいあなた
待ちぼうけ港は 風港

基本情報

タイトル 待ちぼうけ港
歌手名 原田悠里
作詞者 奥田龍司
作曲者 原譲二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

原田悠里による最新楽曲

原田悠里の楽曲一覧

「待ちぼうけ港」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!