「さだめ道」の歌詞・楽曲情報

北島三郎

「さだめ道」について

歌詞本文

同じ幹から 分れた枝も
表と裏では 実もちがう
たとえ日陰で 育っても
お天道さまを 恨まずに
生きてゆくのさ さだめ道

人と言う字は ふたりの出会い
寄りそい支えて 生きている
浮くも沈むも 世のならい
涙が落ちた 道ばたに
いつか咲くのさ 夫婦花(めおとばな)

いのち天から さずかり受けて
男はみがいて 返すもの
熱い情けは 腹ん中
つらさに耐えて ゆく朝は
夢の陽がさす さだめ道

基本情報

タイトル さだめ道
歌手名 北島三郎
作詞者 いではく
作曲者 原譲二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム 北島三郎ベスト32
レコード会社 日本クラウン

リリース情報・記録

リリース年月日 2011年10月05日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『北島三郎ベスト32』に含まれる楽曲

北島三郎による最新楽曲

北島三郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「さだめ道」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!