「涙がこぼれたら」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「涙がこぼれたら」について

歌詞本文

空の向こう 遠い誰かの孤独
夜の砂漠 デスバレーの奈落

街を往けば 路上で歌う男
「兵士の歌」雑踏に消えてった

胸の奥で 張り裂けそうな
想いはきっと 真実だろう

いつかみんな 大人になってゆく
夢から覚めた 迷子の様に

胸が震え 涙がこぼれたら
伝えなくちゃいけない お前の言葉で

ネオンの夜 恋をしたストリッパー
蝶のタトゥー どこまでも飛んでけ

歩き出した 誰かの日々を
笑う奴等 風に消えろ

俺が俺である様に 胸は鳴る
想いを乗せて 世界は廻る

人に生まれ 人しか愛せずに
人の死を死んでいく 誰が為に?

今夜生きる意味なんて知らねぇ
命がただ 叫びだしてる

俺が俺である様に 胸は鳴る
想いを乗せて 世界は廻る

いつかみんな 大人になってゆく
傷つくことに怯え 言い訳をしてる

走れ 夜が明けてしまう前に
伝えなくちゃいけない お前の言葉で

基本情報

タイトル 涙がこぼれたら
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 THE BACK HORN
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:45
収録アルバム BEST THE BACK HORN
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年08月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『BEST THE BACK HORN』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる楽曲

その他に関連する楽曲を見る

「涙がこぼれたら」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!