「雪の朝」の歌詞・楽曲情報

谷村有美

「雪の朝」について

歌詞本文

「好きです。」と初めて告げたのは2月の終わりで
抱え切れないほどの切なさ持て余したから

「逢いたい」とやっと言えた時
すぐに「逢おう」と答えてくれた声が嬉しかった

誰かを好きになると何気ないことまで
嬉しく輝いて見えるね
恋はほんとに不思議
あなたと迎える朝は なぜか雪が降るね
きっと世界中が全て祝福してる

出逢ったあの日から本当はずっと好きだった
傷つくのが怖くて どうしても踏み出せなかった

さっきまで笑い合っていたのに
ふいに言葉が途切れて いつも胸が苦しくなった

誰かを好きになると何気ないことまで
胸の奥につきささるから
恋はほんとに不思議
逢いたいのに逢えない
どんなに切ない夜さえ
きっと永遠に続く愛の始まり

恋の魔法も雪もいつか必ず
解けていってしまうけれど
あなたとなら大丈夫
春にも暑い夏にも真っ白な雪の朝を
ずっと忘れずに二人 歩いていこう

基本情報

タイトル 雪の朝
歌手名 谷村有美
作詞者 谷村有美
作曲者 谷村有美
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:03:57
収録アルバム この愛の始まりも 恋の終わりも
レコード会社 ソニー・ミュージックレコーズ

リリース情報・記録

リリース年月日 1997年10月01日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『この愛の始まりも 恋の終わりも』に含まれる楽曲

谷村有美による最新楽曲

谷村有美の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「雪の朝」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!