「初めての恋」の歌詞・楽曲情報

辛島美登里

「初めての恋」について

歌詞本文

初めての恋をしてる あなたをそっとみつめる
せつなくて そんなことで 涙があとからあふれた
くり返す そして人は 慣れてゆく
だけど愛は わからない ことばかり
臆病になっていくの
どんなふうに始めたら、いいのかしら?
なぜだろう・・・・自分の ことになると、 だめなの
かたちのないものを今、抱きしめてる
重ねて生きたい、あなたと ちいさな未来を
大切な想いがある
想いでの数だけある
言いたいこと 言えないこと

全部話さなくていいから 愛すると 苦しいのは
あなたへと できることが なにもない
ただそれだけの 自分をかみしめるから
どうすればねえ、やさしさは 届くかしら?
いつでもチャンスに 乗り遅れてしまうの
震える手で ためらいのドアをたたく
逢いたい気持ちが こんなに勇気をくれるの

つないだぬくもりが 普通の毎日が
うれしいと思う気持ち ずっと忘れずに、 いる
私らしく やさしさを届けたいの
襟元くすぐる 透明な風になる
おなじことに なんとなく微笑うように
重ねて生きよう、あなたと ちいさな未来を
初めての恋をしてる 心がそう叫んでいる……

基本情報

タイトル 初めての恋
歌手名 辛島美登里
作詞者 辛島美登里
作曲者 辛島美登里
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
収録アルバム 果実
レコード会社 EMIミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 1997年01月16日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『果実』に含まれる楽曲

辛島美登里による最新楽曲

辛島美登里の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「初めての恋」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!