「みちのく ふゆほたる」の歌詞・楽曲情報

松原健之

「みちのく ふゆほたる」について

歌詞本文

内陸線に乗り換えて
一人降りたよこの上桧木内駅(えき)に
いつか見たいと言ってたね
二月十日の小さな祭り
願い記した 紙風船に
灯ともして 夜空の君へ
ふゆほたる ふゆほたる
叶わぬ夢でも 君に逢いたい

幸せそうな人達の
そばを離れて空を見る
君と二人の思い出が
僕のマフラー濡らしてるから…
後ろばかりを 見ていちゃだめよ
強く生きてと 言ってるように
雪が降る 雪が降る
もいちどだけでも 君に逢いたい

やがて花火が 終了(おわり)を告げる
いいよ僕なら もう大丈夫
ふゆほたる ふゆほたる
今でも心に 君が生きてる

今でも心に 強く生きてる

基本情報

タイトル みちのく ふゆほたる
歌手名 松原健之
作詞者 北村けいこ
作曲者 川音稔
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ 0:04:40
レコード会社 テイチクエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年11月16日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

松原健之による最新楽曲

松原健之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「みちのく ふゆほたる」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!