「鳥かご」の歌詞・楽曲情報

Kiroro

「鳥かご」について

歌詞本文

ここで鳴いているのは 愛しているからなのに
「あの空飛んでもいい?」 意地悪に問いかけた

鳥かごの中で 鳴いてる私を見て
彼女は笑った 空を横切っていった

別に何も 不自由なんてない
幸せだし 危険なんてないし

すれ違いはゆっくり ジワジワ訪れてくる
理由(わけ)もわからないくらいに重なり合って
音をたてて
少しずつ

寂しさが募り 鳴かなくなった鳥達
けっこういるのよ 気づいてほしいだけなの

頬寄せあって 抱き締めてくれたら
強がりなんて すぐに消えてゆくわ

そう愛されたいのよ 老いても忘れたくない
形だけなんて嫌よ 情熱はどこへ行った
照れ臭いのなら時代遅れもいいところね
そういう間に傷ついてる 私に興味ないの?

愛してるの?
愛したいの
それなのに
わからない
ほっとかないで
飛んでもいい?

この楽曲のアーティスト

Kiroro

この楽曲の収録アルバム

アイハベル

基本情報

タイトル 鳥かご
歌手名 Kiroro
作詞者 玉城千春
作曲者 ちはる・あやの・よしみ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:04:37
収録アルバム アイハベル
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2018年01月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『アイハベル』に含まれる楽曲

Kiroroによる楽曲

その他に関連する楽曲を見る

「鳥かご」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!