「十七歳の町」の歌詞・楽曲情報

さだまさし

「十七歳の町」について

歌詞本文

エレベーターの中で 2年と8ヶ月振りに
あれ程愛した 君と昨日出会って
どぎまぎするだけの 自分が不甲斐なかった

それで今日海辺の この町にふと会いたくなった
海へと向って 岬が伸びていて
ゆるやかな傾斜の 坂道が懐かしかった

小さな露地がふたつ 重なる川端の広場
不思議な占い師がいて 僕らを呼び止めたね

二人はこれからきっと 倖せになりますよって
残念乍ら 予言ははずれたけど
十七歳までを 君が過ごした この町

エレベーターの中へ 誰かに手を引かれて
現われた君は 純白の花嫁衣裳
どぎまぎするだけの 僕にすぐに気付いたね

どんな顔をすればいい 時間を止めた僕に
君はおだやかに 笑ってくれたよね
岬に咲く花を みつめた時みたいにね

君を愛したことや 君に愛されたことが
いい加減じゃなかったねって
なんだか嬉しかった

それから君はその手の 白いレースの手袋
はずして僕に 手を差し出したよね
君の手はやっぱり とても暖かだった

基本情報

タイトル 十七歳の町
歌手名 さだまさし
作詞者 さだまさし
作曲者 さだまさし
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:04:55
収録アルバム 風待通りの人々
レコード会社 フォア・レコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2004年06月30日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『風待通りの人々』に含まれる楽曲

さだまさしによる最新楽曲

さだまさしの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「十七歳の町」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!