「誰かが夜を描いたとして」の歌詞・楽曲情報

cadode

「誰かが夜を描いたとして」について

歌詞本文

分かってくれた感情ばっか
大事にして学校行った
及第点が問題点を倍にして返してきた

トロッコ問題 選択肢はない
風見鶏の情景描写
劣等感と焦燥感の相

出来合いのコントローラーを身に宿した
理由が何だか知りたくなるから夜更けを待った

誰かが夜を描いたとして
誰かが僕を望んだとして
姿かたちだけ似せてるだけの痛みだろ
敗北を悔しがるくらいには 強くなれるか

あなたが夜を描いたとして
あなたが僕を望んだとして
これが本物と 愛せるほど鈍感でもない
再会を喜べるくらいには
ああ 一人 で強くありたい

だらけていた時間帯ばっか
敵にして学校行った
及第点が問題点を倍にして返してきた

イデアの見えない家におかえり
ぶつかり合う感情論理
劣等感と焦燥感の相

出来合いのコントローラーを身に宿した
理由が何だか知りたくなるから夜更けを待った

誰かが夜を描いたとして
誰かが僕を望んだとして
姿かたちだけ似せてるだけの痛みだろ
敗北を悔しがるくらいには もう時間が経った

あなたが夜を描いたとして
あなたが僕を望んだとして
これが本物と 愛せるくらいを許せるか
再会を喜べるくらいには ああ 一人で強くなりたい

未完の大器
夕暮れの溜息
期待の新人も
鍛えればと信じ
器の脆さは
誰も知らないふりをしていた

両隣の花は赤い
僕の花は青い
人は他人にはなれない
共感は合法的麻薬だ
分かってもらおうとは思わない
人が本当に分かりあうことはできない
でも君と分かち合いたい
朝靄を見るまで僕は死ねない

コントローラーを身に宿した
理由を何だか知りすぎたから夜更けを裂いた

誰かが夜を描いたとして
誰かが僕を望んだとして
姿かたちだけ似せてるだけの痛みだろ
敗北を悔しがるくらいには もう時間が経った

あなたが夜を描いたとして
あなたが僕を望んだとして
これが本物と 愛せるくらいの平凡さと
再会を喜べるくらいには ああ 二人で強くなりたい

鉄塔がぼんやりと浮かび上がった
必要なのは少しばかりの光だった
誰に代弁されるのでもない
誰に許されるのでもない
誰のためでもない
朝焼けがそこにあった
どうにもならない世界のなかで
僕らの夜は明けていた

基本情報

タイトル 誰かが夜を描いたとして
歌手名 cadode
作詞者 cadode
作曲者 cadode
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2020年10月14日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

cadodeによる最新楽曲

cadodeの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「誰かが夜を描いたとして」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!