「果てしない物語」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「果てしない物語」について

歌詞本文

少し色褪せた赤い夕焼けと
蒼い情熱を詰めたアルバム

点けた導火線 花火上がらずに
飛んだ蜻蛉が今は遠く

まだ続くのさ 俺達の果てしない物語
バラバラになった日々を積み上げて
さぁ飛び出せよ 何度でも思い出にならぬように
心から愛せるもの いつの日か掴み取るまで

鏡映し出す 俺のイメージを
軽く撥ね除けて闇を照らす

みんなその崖を渡る 少しずつ
蒼い情熱を胸に抱いて

ただこぼれてくその涙 途切れない物語
カラカラになった日々を憂うように
上手くいかずに投げ出した 夕焼けの帰り道
心から信じること それだけが大切なのに

一人一人 別の道を歩き いつか
七色の花を咲かせ育んでく 光の中で

まだ続くのさ 俺達の果てしない物語
バラバラになった日々を積み上げて
さぁ飛び出せよ 何度でも思い出にならぬように
心から愛せるもの いつの日か掴み取るまで

基本情報

タイトル 果てしない物語
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 山田将司
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:29
収録アルバム B-SIDE THE BACK HORN
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2006年12月20日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『B-SIDE THE BACK HORN』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる最新楽曲

THE BACK HORNの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「果てしない物語」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!