「輝きの中で」の歌詞・楽曲情報

Jin & Akiomi(樋柴智康,駒田航)

「輝きの中で」について

歌詞本文

いざさらば、と歌う それはよくあるはずのセレモニー
よそ行き顔した僕らは 未来のすぐそばで

少し泣いた
心を
笑顔で
包んで
最後に
手を振りあった

見送られながら、見送るように
振り向かない背が見えなくなるまで
その両手にたくさんの幸を
お互い願っていたね
あの頃話した夢の続きで 今も君らしくどうか思うまま
眩しかった僕らの未来に
ふさわしく生きて欲しい

真昼に滲んだ飛行機雲が やけに沁みて
時々めくったアルバムを またそっと閉じる

告げないこと
選んだ
いつかに
置いてきた
想いは
色褪せないよ

今はもう遠く届かないけど 恋と呼ばずにいた青春の日々
何もかもが輝きの中で
それだけで良かったんだ
もう一度、なんて言ったりしないさ
だから君らしくどうかその道を
どんな時も、君が忘れても
ずっと応援している

見送られながら、見送るように
振り向かない背が見えなくなるまで
その両手にたくさんの幸を お互い願っていたね
あの頃話した夢の続きで 今も君らしくどうか思うまま
眩しかった僕らの未来に ふさわしく生きて欲しい

基本情報

タイトル 輝きの中で
歌手名 Jin & Akiomi(樋柴智康,駒田航)
作詞者 こだまさおり
作曲者 宇津本直紀
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2020年06月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

樋柴智康による最新楽曲

樋柴智康の楽曲一覧

駒田航による最新楽曲

駒田航の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「輝きの中で」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!