「雪のまち」の歌詞・楽曲情報

KALMA

「雪のまち」について

歌詞本文

朝起きて なんだか 身体がポカポカしてる
寝る前に消し忘れた 暖房のせいだな
君からの返信はない…
「朝は忙しいから、ごめん」
なんて言ってたこと
毎朝のように思い出してる

準備をして 家を出て
コンバースの靴で バス停に向かう
バスは遅れてる
みんな忙しい

雪になって 君の住む街に降れたら
わざわざ バスや電車に乗らなくてもいいのにね
二人で歩いて「寒いね」って ふてくされたような顔をして
君は手を繋いできた
なんだかんだ 僕は冬が好き

朝起きてなんだか 身体がヒヤヒヤしてた
寝る前に消しておいた 暖房をつける
今日も君からの返信はない もう慣れてきた…
寂しくなんかないよ!

朝9 時 今日は休みだし
また 夢の世界へ
昼に起きたら 忘れてるくらい
くだらん夢を。

雪になって 君の住む街に降れたら
わざわざ バスや電車に乗らなくてもいいのにね
二人で歩いて「寒いね」って ふてくされたようなフリして
君は手を繋いできた
だからなんだかんだ 僕は冬が好き
僕はなんだかんだ 君が好きなんだ

基本情報

タイトル 雪のまち
歌手名 KALMA
作詞者 畑山悠月
作曲者 畑山悠月
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2020年03月04日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

KALMAの人気楽曲

KALMAによる楽曲

その他に関連する楽曲を見る

「雪のまち」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!