「霧の夜」の歌詞・楽曲情報

湯川潮音

「霧の夜」について

歌詞本文

飾られた雨模様
枯れ葉は夢を謡い
揺らめく夜霧のうえ
優しさだけを想う

まるで何もかも
溶けていくように
霧の夜を抱きしめて

ほのかに薫る百合は
昨日がくれた手紙
大事な忘れ物に
白い息を吹き込む

まるで何もかも
包みこむように
霧の夜を抱きしめて

どこへ行っても 想っていれば
あなたへ届くの?

たわわに舞い散る雨
真珠の涙のよう
振り返るとどこにも
残せなかったしるし

まるで何もかも
消えていくように
霧の夜を抱きしめて

どこへ行っても 想っていれば
あなたへ届くの?

どこへ行っても 想っていれば
あなたへ届くの?

まるで何もかも
なかったように
霧の夜を抱きしめて

霧の夜を抱きしめて

基本情報

タイトル 霧の夜
歌手名 湯川潮音
作詞者 湯川潮音
作曲者 湯川潮音
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 EMIミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年11月09日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

湯川潮音による最新楽曲

湯川潮音の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「霧の夜」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!