「彩光」の歌詞・楽曲情報

関取花

「彩光」について

歌詞本文

寝息を立てる小さな赤子 無邪気な少年少女
颯爽と駆ける青年たちと 手をつなぐ老夫婦

がらんどうのその瞳で私はただ見つめていた
胸の奥が締め付けられた 何かがまた溢れ出した

嗚呼 あの日指で描いた
あたりまえはそこにあったんだ
嗚呼 なぜかしら 嗚呼 なぜかしら
気づけばただ涙が流れていた

風にその身を任せてただ揺れている緑たち
春はまだかと夢を見てる小さなつぼみたち

がらんどうのその瞳で私はただ見つめていた
言葉なんていらぬみたいだ 何かがまた溢れ出した

嗚呼 あの日指で描いた
あたりまえはそこにあったんだ
嗚呼 なぜかしら 嗚呼 なぜかしら
気づけばただ 涙がまた流れていた

私はただ 感じていた
私はただ 生きていた

基本情報

タイトル 彩光
歌手名 関取花
作詞者 関取花
作曲者 関取花
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ 0:06:06
レコード会社 SPACE SHOWER MUSIC

リリース情報・記録

リリース年月日 2015年09月02日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

関取花による最新楽曲

関取花の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「彩光」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!