「ラバーソール」の歌詞・楽曲情報

シド

「ラバーソール」について

歌詞本文

なんかこう 弾けるような 震えるような
そんなこと落ちてないか 下ばっか見て歩いた
不貞腐れ 投げだされ

なあ おれたちずっと 適当だよな
なんとなく 集まった
飛んじゃった あいつもいっちゃった

それぞれの とき 四半世紀 越え
あいつのぶんまで生きなくちゃ、なんてね 柄にもなく

こうやって 想像もしない 出来事で 日々に流され
あの頃 憧れていた 大人って これだっけか?
なんだっていいから ひとつ 真っすぐに貫けばいい
いい加減なこと言わないで 深刻さ

戻りたい 戻れない わかってる わかってる

目覚めたら 山積みの殻 ぬるくなった缶ビール
けだるくて だけど 今日すら見えなくて はしゃいでた

こうやって 想像もしない 出来事で 日々に流され
あの頃 憧れていた 大人って これだっけか?
なんだっていいから ひとつ 真っすぐに貫けばいい
いい加減なこと言わないで 深刻さ

戻りたい 戻れない わかってる わかってる

この楽曲のアーティスト

シド

基本情報

タイトル ラバーソール
歌手名 シド
作詞者 マオ
作曲者 ゆうや
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 KRE

リリース情報・記録

リリース年月日 2018年08月22日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

シドによる楽曲

「ラバーソール」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!