「曼珠沙華の花」の歌詞・楽曲情報

松崎ナオ

「曼珠沙華の花」について

歌詞本文

冬の痛みの中に ぼくの白い息が今日も混ざる
それでも見上げようか 「悪い方じゃないよ」と少し笑う

今宵の月をあなたも何処かで見ているかなあ ああ
ふっと思った
懐かしさの中でぼくは動けない
滲んでゆく月 冬の夜

どんな朝が来ても どんな一日であったとしても
ぼくがぼくであること
それに変わりはないと教えてくれた

月明かりの下 風に揺れてる一輪の赤
ふと思った
今宵の月よ あなたに届け 綺麗だったから
曼珠沙華の花

そっちの方は何が見えますか
そっちの方は何が見えますか
何が見えますか

基本情報

タイトル 曼珠沙華の花
歌手名 松崎ナオ
作詞者 林大介
作曲者 林大介
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松崎ナオによる最新楽曲

松崎ナオの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「曼珠沙華の花」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!