「私だけの翼」の歌詞・楽曲情報

水沢瑶子

「私だけの翼」について

歌詞本文

幼い瞳で いつか夢見た
自由の翼が 心にある
気づかないうちに 削られてゆく
地下鉄が運ぶ 時のなかで

あきらめることに 慣れてゆくよりも
いたずらな日々に 戻りたい

さあ はばたきましょう 今すぐに
もっと まぶしい 明日になる

軌道を外れる ちからが欲しい
本当の自分に 出逢うために

鳥籠の中に 守られるよりも
嵐に傷つく 羽になる

さあ はばたきましょう 今すぐに
もっと遠くへ 想いは翔ぶ

さあ飛び立ちましょう あの空へ
いつしか 夢は 彼方へ翔ぶ

私らしく 輝くために…

基本情報

タイトル 私だけの翼
歌手名 水沢瑶子
作詞者 宇佐見典子
作曲者 勝誠二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

水沢瑶子による最新楽曲

水沢瑶子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「私だけの翼」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!