「高千穂風唄」の歌詞・楽曲情報

水沢明美

「高千穂風唄」について

歌詞本文

父の父の そのまた父も
生まれた日向の 山や里
耳をすませば 都会の隅で
夜神楽太鼓が 風になる
あれから三年 もう四年
高千穂風唄 忍ぶ唄

背のびしても なんにも見えぬ
ましてやふるさと 空の果て
逢いに行こうか 子供の頃に
夢でもいいから あの頃に
淋しくなったら 口にでる
高千穂風唄 子守唄

西に西に 向かって伸びる
線路の向こうに 母がいる
こんな都会に 畑はないが
苦労の種まき やればこそ
しあわせ刈り取る 時がくる
高千穂風唄 母の唄

基本情報

タイトル 高千穂風唄
歌手名 水沢明美
作詞者 たきのえいじ
作曲者 朝月廣臣
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

水沢明美による最新楽曲

水沢明美の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「高千穂風唄」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!