「魚市場のおんな」の歌詞・楽曲情報

水木ケイ

「魚市場のおんな」について

歌詞本文

浜の桟橋 朝焼けに
入船大漁で 女衆(おんな)がさわぐ
だけどあんたの 声はない
波がさらって もう三月
魚市場(いさば)のおんなは 涙を見せぬ
泣いたら背中の 赤児がぐずる

つらい知らせは なくていい
姑(ばっちゃ)と子供(わらし)を 食わせにゃならぬ
おんな盛りを けずっても
笑顔つくって 声をだす
陸奥湊(みなと)のおんなは 夜泣く海鳥(かもめ)
あんたが恋しと 布団をかぶる

蕪島(しま)のウミネコ 来る頃に
ふらりと港に 戻ってほしい
坊や抱かせる 夢の日が
いつかその日が くればいい
魚市場(いさば)のおんなは 情けが深い
想い出ひとつで お酒に酔える

基本情報

タイトル 魚市場のおんな
歌手名 水木ケイ
作詞者 ふくしゆうや
作曲者 松宮有里
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

水木ケイによる最新楽曲

水木ケイの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「魚市場のおんな」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!