「誰もいない海」の歌詞・楽曲情報

水木一郎

「誰もいない海」について

歌詞本文

誰もいない 海は淋しい
もしかしたら 去年の恋が
貝の中で 今も眠り
夜明けを 待ってるかしら

忘れられた 海は淋しい
いつのまにか 一人になるの
波の音も 今は静か
何んにも 知らないみたい

誰もいない 海に来てみた
もしかしたら 去年の恋が
砂の中で そっと耳をかたむけ
待ってるかしら
かしら かしら

基本情報

タイトル 誰もいない海
歌手名 水木一郎
作詞者 難波克昌
作曲者 和田香苗
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

水木一郎による最新楽曲

水木一郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「誰もいない海」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!