「星と半分の月」の歌詞・楽曲情報

Ms.OOJA

「星と半分の月」について

歌詞本文

最終電車 湿ったつり革
くたびれた 体 預ける
今日は何時間 寝られるかな
憂鬱な朝はすぐやってくる

ぶら下がる旅行会社の広告
「あなただけのバカンスをどうぞ」
日常の問題は山積みで
逃避行なんて夢のまた夢

Ah 改札抜けた公園
ギター掻き鳴らす
Ah 少年の歌 なんか染みたんだ

見上げた夜空 やけに輝く星
ふいに一人つぶやいてた
たとえどんな風に吹かれたって
ここで生きて生きてやるよ

期待されないことに慣れていた
コンビニの袋がやけに重い
自分らしくなんて笑っちゃうね
結局自分が自分に期待してない

Ah 外灯が映した
冴えないシルエット
Ah 足音だけが耳に響いてた

見上げた夜空 半分だけの月
まだやれるって伝えていた
いつか辿り着く場所に立って
こんな生き様見せてやる

どん底だっていいさ
あとは昇るだけだ
その胸を張れよ
もう嘘はつくなよ
心の声を聴けよ

見上げた夜空 やけに輝く星
ふいに一人つぶやいてた
たとえどんな風に吹かれたって
ここで生きてやる

見上げた夜空 半分だけの月
まだやれるって伝えていた
いつか辿り着く場所に立って
こんな生き様見せてやる

基本情報

タイトル 星と半分の月
歌手名 Ms.OOJA
作詞者 Ms.OOJA/Ryosuke"Dr.R"Sakai
作曲者 Ms.OOJA/Ryosuke"Dr.R"Sakai
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

Ms.OOJAによる最新楽曲

Ms.OOJAの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「星と半分の月」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!