「愛してなんかいない」の歌詞・楽曲情報

美木良介

「愛してなんかいない」について

歌詞本文

別れた彼の
イニシャルが
DOORに小さく
残ってる

静かな部屋で
気づくのは
君が隠す
想い出

力を抜いた
肩を抱く
腕がなんだか
もどかしい

ただの女で
いたいのと
笑う君が
せつない

愛してなんかいない
君は愛してなんかいない
どんなに優しい瞳(め)をしても
傷ついていたいだけ

きっとなにか忘れるために
僕のさみしさを選んだだけ

囁く名前
ほんとうは
違う呼び方
されてたね

ときどきそらす
まなざしは
誰の横顔
見ている

つけない嘘が
嘘になる
ふれた唇
泣いていた

痛みを癒す
相手なら
違う男と
寝てくれ

愛してなんかいない
君は愛してなんかいない
どんなに優しい瞳をしても
傷ついていたいだけ

きっとなにか忘れるために
僕のさみしさを選んだだけ

愛してなんかいない
君は愛してなんかいない
どんなに優しい瞳をしても
傷ついていたいだけ

きっとなにか忘れるために
僕のさみしさを選んだだけ

基本情報

タイトル 愛してなんかいない
歌手名 美木良介
作詞者 松井五郎
作曲者 都志見隆
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

美木良介による最新楽曲

美木良介の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「愛してなんかいない」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!