「夜の果ての旅」の歌詞・楽曲情報

未映子

「夜の果ての旅」について

歌詞本文

告白します
僕は生きるのが好きで
吐く息は熱くふるえている
午前4時

僕を流れるきらめきや汚さを
失くしたいから愛したいから
旅に出ます

ひんやりした夜が生まれ変わる僕を見る
今頃、誰か同じように
喉の奥で呼んでいるの?胸を鳴らすの?

夜の果てに何が見える
鋭く眼をこらして
声にならないこの震えが、いつか、この世界と愛し合う日を
誰も彼もすべてが偶然の作ったおもちゃでも
今頃、君も同じように
青い闇で息をしてる?夢を見てるの?

・・・瞼に乱反射する懐かしい、あの日の笑う影!

夜の果てに何が響く
まっすぐ僕をめざして
憧れや、もう帰らん日や、罠や情熱が、僕を抱きしめて放り出す
今、夜の果てが光る

何度でも、何度も何度も何度も、
夜の果ての旅に出掛けてゆく

基本情報

タイトル 夜の果ての旅
歌手名 未映子
作詞者 未映子
作曲者 未映子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

未映子による最新楽曲

未映子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「夜の果ての旅」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!