「飛行機雲」の歌詞・楽曲情報

MIAKA

「飛行機雲」について

歌詞本文

揺れる太陽を背に
なんとなく過ごす同じ毎日

忘れかけたままの
胸の高鳴りを探してた

少しだけうつむく顔 いつもの景色
よぎる淡い思い出
いつだって前に進む勇気をくれた
あの空

いつまでも変わらずにある その笑顔で
強くなれるから
澄み渡るこの思い握りしめて
未来へ 飛び立つの

白い飛行機雲が
少しずつ空に溶けてゆくように

たとえ傷ついても
大丈夫だから踏み出そう

ホームには夏の香り 抱いた思い
ずっと忘れないから
どこまでも先を見続ける眼差しで
旅立とう

いつまでも変わらずにある この記憶は
決して消えないから
晴れ渡るこの空に今誓って
明日へ 羽ばたくの

いつまでも変わらずにある その笑顔で
強くなれるから
澄み渡るこの思い握りしめて
未来へ 飛び立つの

いつまでも変わらずにある この記憶は
決して消えないから
晴れ渡るこの空に今誓って
明日へ 羽ばたくの
私も 変わらずに

基本情報

タイトル 飛行機雲
歌手名 MIAKA
作詞者 JUNE
作曲者 JUNE
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

MIAKAによる最新楽曲

MIAKAの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「飛行機雲」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!