「二ヶ領用水」の歌詞・楽曲情報

manzo

「二ヶ領用水」について

歌詞本文

大山街道抜けて うなだれてたら
目の前をのしのしと 猫が横切った
言いすぎたのはわかってる もののはずみで
つまらないプライドは とうの昔に捨てたはずなのに

帰りたい帰れない また引き返し
気持ちは空回り
ガラじゃないけれど どうしようもなくて
君の大好きな 花束(ブーケ)を持って
僕の素顔を映す ここは駅前二ヶ領用水

この街はゆるやかで やさしい街さ
わき道をいそいそと カブが追い越した
強気でいればいるほど 一人ぼっちで
やるせない寂しさは 遠く続くよ 桜並木まで

だから寄り道 いつもの帰り道 さやかな小川道
浮かんだ落ち葉は 悲しき日々と
流れ流れて 海へと還り
君の笑顔が映る ここは二ヶ領用水

守りたい守れない なお切ない
いつでも空回り
勇気を出して今日は 言ってみる
「なぁ、、あのさ、、久しぶりに、、手でもつなごうか。」
二人の素顔を映す ここは二ヶ領用水
みんなの笑顔を映す ここは駅前二ヶ領用水

基本情報

タイトル 二ヶ領用水
歌手名 manzo
作詞者 manzo
作曲者 manzo
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

manzoによる最新楽曲

manzoの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「二ヶ領用水」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!