「恋めぐり」の歌詞・楽曲情報

丸山圭子

「恋めぐり」について

歌詞本文

通りがかりの海辺の町に
あなたは車を止める
はしゃいで酔いしれた夜は
何かが起こる予感がする
ドアを開けたまま 降りない私に
つくり笑いの笑み浮かべ
大人の恋はこんなものとばかり
冷たい口唇ほほに押しつける
私には はじめての恋めぐり
積みあげた あなたへの想い
とぎれとぎれて
夜の波に押し流されてしまった———

恋に不器用な私にはまだ
言葉さえ見つからない
肩にかかるあなたの腕を
すり抜けて走り出してしまいそう
ごんな時なにか やさしい言葉を
かけて欲しいと思うけれど
砂をけって歩き続けるあなた
何故に私を 誘ったりしたの?
私には はじめての恋めぐり
ほうり出した あなたへの想い
ゆられゆられて
夜の波にのみ込まれてしまった——

基本情報

タイトル 恋めぐり
歌手名 丸山圭子
作詞者 丸山圭子
作曲者 丸山圭子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

丸山圭子による最新楽曲

丸山圭子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「恋めぐり」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!