「SEA-SIDE-HOTEL」の歌詞・楽曲情報

丸山圭子

「SEA-SIDE-HOTEL」について

歌詞本文

シーサイド・ホテル ナンバー702
あなたの部屋ヘダイヤルするのに
ふるえる指はいつまでたっても
あなたをつかまえられない
遠回りして横道の電話ボックス
いちょうの枯葉風に舞い上り
早い雨足通りすぎたあとのように
あなたの声さわやかにとどく
暮れゆく外人墓地に
二人のシルエットが やがてとけあい
ふっくらとやわらかな私の乳房は
はじめてあなたの手のひらにふれたの

シーサイド・ホテル ナンバー702
はじめて扉をあけてしまった
無造作にぬいだあなたの背中に
涙が流れそう
くちびるからこぼれる愛のささやきを
信じられる気がして
パープル色に染まる潮風の街で
生まれたままの私をあげるわ

パープル色に染まる潮風の街で
生まれたままの私をあげるわ

基本情報

タイトル SEA-SIDE-HOTEL
歌手名 丸山圭子
作詞者 丸山圭子
作曲者 丸山圭子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

丸山圭子による最新楽曲

丸山圭子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「SEA-SIDE-HOTEL」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!