「街風便り」の歌詞・楽曲情報

丸山圭子

「街風便り」について

歌詞本文

遠いところへ 旅すると
道行く人の 後姿に
あなたを 捜して
しまうのです

南へ下る 街はまだ
夏の乾きを 残したまま
秋になろうと しています

こんな便りを だしたなら
あなたは 読み捨ててしまうでしょうか
青い インクの文字の
あなたの名前に
口びるを ふれて みるの
秋めぐりの 街風便り

確めあうのは もう
三年も前の 話だから
何も 答えず いいのです

海なり聞こえる 午後になると
そう あの日 あなたに抱かれて
笑った わたしを 思うのです

こんな便りを だしたなら
あなたは 読み捨ててしまうでしょうか
青い インクの文字の
あなたの名前に
口びるを ふれてみるの
秋めぐりの 街風便り
秋めぐりの 街風便り

基本情報

タイトル 街風便り
歌手名 丸山圭子
作詞者 丸山圭子
作曲者 丸山圭子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

丸山圭子による最新楽曲

丸山圭子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「街風便り」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!