「椰子の実」の歌詞・楽曲情報

真理ヨシコ

「椰子の実」について

歌詞本文

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実ひとつ
故郷の 岸を離れて
汝はそも 波に幾月

旧の樹は 生いや茂れる
枝はなお 影をやなせる
われもまた 渚を枕
ひとり身の浮寝の旅ぞ

実をとりて 胸に当つれば
新たなり 流離の憂い
海の日の 沈むを見れば
激り落つ 異郷の涙
思いやる 八重の汐々
いずれの日にか 国に帰らむ

基本情報

タイトル 椰子の実
歌手名 真理ヨシコ
作詞者 島崎藤村
作曲者 大中寅二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

真理ヨシコによる最新楽曲

真理ヨシコの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「椰子の実」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!