「相対性モノローグ」の歌詞・楽曲情報

MARIA

「相対性モノローグ」について

歌詞本文

後悔すら出来ないことを 忘却するというのなら
散弾状の感情論は 永遠に残るのだろうか

思い出せば始まりなんて どうだって良かったんだろう
間違いなくこの案件は 忘却したと言い切ろう

問題点はその後なんだ さして重要じゃないが
結論から言えば僕は 何一つ手に出来なかった

思い通りの シナリオなんて 望めない 事だと

全部持って 叫び続けよう
もう終わった 事でもいいから
忘れられる 事は少ないけど
君の事を ただの記憶にするよ

そうはいってみたものの 割り切れないのが人で
大層な頭の中は 活用されないさだめだ
大体なんで僕が未だ 饒舌なのかというと
間違いなく僕があの日 冷静なフリをしたから

どれだけ言葉を重ねても 変わらない 事でも

もうそれしか 残ったものがない
君に聞かせ たいわけでもない
ただ溢れる ものだと思っているから
流れるまま 吐き出させて欲しい

あれから何度 忘れようとしたって できっこないんだ
バカみたいに喚いて こんな毎日 いいはずがない
もうやめにしたいよ

もうそれしか 残ったものがない
君に聞かせ たいわけでもない
全部持って 叫び続けよう
もう終わった 事でもいいから
忘れられる 事は少ないけど
君の事を ただの記憶にするよ

基本情報

タイトル 相対性モノローグ
歌手名 MARIA
作詞者 岸田教団/MARiA
作曲者 岸田教団
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

MARIAによる最新楽曲

MARIAの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「相対性モノローグ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!