「mere」の歌詞・楽曲情報

MARIA

「mere」について

歌詞本文

街角、褪せる景色、私だけ取り残してった
キミの声に縛られて、もがくほどに痛いの

ねぇ神様、どうしてだろう
私は間違ってしまったの?

拾い集めたキミのカケラも腕の中で汚れてく

こんな未来ならいらなかったわ
お願い、返して
息も出来ないほどに、この世界に溺れていく
伸ばす指さえも届かないなら、喉が裂けるくらいに
叫んでみた
叫んでた

きっと涸れるまで泣いたら、こんな酷い夢から醒めて
キミの声が聞こえるって信じてた
なのに空は明るんで、明日に続いていくだけなの
私の声、響いて、昨日に届いて

キミがいないならこの心は割れるように痛いの
狂ってしまうほどに、ただキミを探していたけど

泣きじゃくって叫ぶ声も届かない空を
今、強く睨んで

こんな未来ならいらなかったわ
お願い、許して
息も出来ないほどに、この世界に溺れていく
キミの中にまだ私は残っていますか?
ねぇどうか呼んでよ 名前を

今すぐ会いたい

基本情報

タイトル mere
歌手名 MARIA
作詞者 keeno
作曲者 keeno
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

MARIAによる最新楽曲

MARIAの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「mere」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!