「風にゆられて」の歌詞・楽曲情報

MAMALAID RAG

「風にゆられて」について

歌詞本文

街の狭い路地で
君に逢った時のことを
君は今も
覚えているかい

眠りこけた水色の風が
街をゆらしていたけど
僕はいつものとおり
淡い空模様

こんなところで 君に逢うなんて
僕の髪は 風にゆれていた

君は白い顔を
少し傾け
そこで僕も光をかきわけて
歩き出したい

こんなところで 君に逢うなんて
僕の髪は 風にゆれていた

こんなところで 君に逢うなんて
僕の髪は 風にゆれていた

僕の髪は 風にゆれていた

基本情報

タイトル 風にゆられて
歌手名 MAMALAID RAG
作詞者 田中拡邦
作曲者 田中拡邦
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

MAMALAID RAGによる最新楽曲

MAMALAID RAGの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「風にゆられて」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!