「傀儡の心臓」の歌詞・楽曲情報

まふまふ

「傀儡の心臓」について

歌詞本文

指先ひとつから 深く縫いつけては
辿れば心まで 溶け込むような蜘蛛の糸
それは殺さぬように されど生かさぬように
翅を啄んでは 囁く道化 甘い嘘

貴方に縋る惨めな夢に
そのどれも疑わしいほど
魅了される

この身を縛る苦しみが
愛と感じてしまうの
貴方の指先に
頷いているだけ

泥と雨粒に反射した
物言わぬ薄汚れた人形
操り糸の言うままに
影を踏む

不意に手放されて 羽ばたけたとしても
どうせ変われやしない 望む未来は蜘蛛の糸

止まない雨に 病める心が
手招くまま遠ざかる背を探している
貴方はどこ?

私の指先に 私の明日があっても
触り方を知らない 行く宛ても知らない

苦しくてどうしようもない
愛に溺れていたいの
貴方の指先に
頷いているだけ

泥と雨粒に反射した
物言わぬ薄汚れた人形
操り糸の言うままに
影を踏む

私をよく見て 私だけを見て
私の身も心も食べてしまって

基本情報

タイトル 傀儡の心臓
歌手名 まふまふ
作詞者 まふまふ
作曲者 まふまふ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

まふまふによる最新楽曲

まふまふの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「傀儡の心臓」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!