「朧月」の歌詞・楽曲情報

まふまふ

「朧月」について

歌詞本文

馴れ初めを知らぬまま
薄紅点した宵時雨
朔日に洗われて
真白になれたら

幼き日々は貴方の傍
悠々 夢の果て

今宵は誰がために踊るのでしょう
霞む 私は朧月
手繰り寄せる 朱殷の糸口よ
貴方に続けと願う

華やかな景観に
当てられ世人は列なる
愛しみは幾匁
花は一匁

知らぬ吐息を浴び 軋む帷
今は不香の花でありたい
顔の無い人影に絆されて
手折られてしまうのなら

袖口の手毬は転ぶ 暗がりの方へ
ねえ お願い ひとりにしないで
雲間に消える

愛しい 愛しいよ と木霊した
日々は想うほどに遥か
冷めぬ心に霏霏と 六つの花
芽吹きと共に
あの人のもとへ 帰ろう

遊里に咲く雪月花
霞む 私は朧月
手繰り寄せる 朱殷の糸口よ
貴方に続けと願う

千切れぬ明日に 契りなどない
薄月の色

基本情報

タイトル 朧月
歌手名 まふまふ
作詞者 まふまふ
作曲者 まふまふ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

まふまふによる最新楽曲

まふまふの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「朧月」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!