「愛 恋」の歌詞・楽曲情報

松山千春

「愛 恋」について

歌詞本文

僕は北からの 風に乗り 寒い国から来た男
君はまぶしくて 輝いて 南生まれの女の娘

めぐり会って 好きになって 愛しあい
お互いが 求めあって 恋になる

こんな事ってホントに あるから不思議だね

春とか夏なら 君次第 とけてしまうよ甘いキス
秋から冬なら 僕の番 抱いてあげよう思いきり

淋しさって どんなもんか 忘れたよ
女の娘も ひとりなんて ゴメンなの

こんな日々が二人に おとずれたのは何故

めぐり会って 好きになって 愛しあい
お互いが 求めあって 恋になる

こんな事ってホントに あるから不思議だね

基本情報

タイトル 愛 恋
歌手名 松山千春
作詞者 松山千春
作曲者 松山千春
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松山千春による最新楽曲

松山千春の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「愛 恋」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!