「いちにんまえSong」の歌詞・楽曲情報

松本保典

「いちにんまえSong」について

歌詞本文

自分を苛めて気持ちいい
騎士道 修行の身でござる

果てなく続く茨(いばら)とて
血だらけ覚悟の意でござる

やらぬ奴らきゃ
ふんっ、わかるまい

拙者の姿はりりしいか
空よ
お主に問う wo~wo~

沈む夕陽がきれいでござる
雲がほんのり赤いでござる

今は半人前だとて
やがては きっと いちにんまえ wo~

いちにんまえSong
Singin' my Song

自分に素直で気持ちいい
一生 修行の身でござる

父母より賜うた命なら
粗末に出来ない意でござる

逃げる奴らにゃ
ふんっ、わかるまい

拙者の草笛流そうか
風よ
お主の中 wo~wo~

今日という日が終わるでござる
こんなひととき大事でござる

明日も半人前だとて
やがては きっと いちにんまえ wo~

いちにんまえSong
Songin' my Song wo~

基本情報

タイトル いちにんまえSong
歌手名 松本保典
作詞者 雄鹿美子
作曲者 山本正之
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松本保典による最新楽曲

松本保典の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「いちにんまえSong」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!