「静かなまぼろし」の歌詞・楽曲情報

松本明子

「静かなまぼろし」について

歌詞本文

通りのドアが開き 雑踏が迷い込む
そのとき まぼろしを見てる気がした
小走りのシルエット ガラスを押して
あなたが店に入ってきた

もしも微笑み この席で向き合えば
時は戻ってしまうよ 遠い日に

全てを分かち合い 歩いた二人が
今では柱越し 別のテーブル
だれかとメニュウを選ぶささやき
振り向く勇気がなかった

会わない日々を云いつくす言葉など
もういらないよ 気づかずいて欲しい

昔の恋をなつかしく思うのは
今の自分が幸せだからこそ

基本情報

タイトル 静かなまぼろし
歌手名 松本明子
作詞者 松任谷由実
作曲者 松任谷由実
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松本明子による最新楽曲

松本明子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「静かなまぼろし」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!