「波状の扉」の歌詞・楽曲情報

松本明子

「波状の扉」について

歌詞本文

こぼれてく なにもかも
答えはそれだけだと 時は心から
記憶を静かにさらう

いつかきっと 夜の果て
世界も溶けてゆく そこでほんとうの
自分の形を知りたい

なにもない 空のどこかで
過ぎてゆく日々はいま 輝きにふれる
くりかえし 夢をつなげて
誰とも違う場所に なにが待ってるの

瞳 閉じて まだ続いている
あの胸の響き 聴きましょう

ひとつになれるまで すべてになれるまで

生まれた日 風の色
忘れているように 時は新しい
扉を与えてくれる

なにもない 空を漂い
ふりかえるとき どんな 光跡(ひかり)が残るの
あふれだす 声を重ねて
聴いたことのない歌 いくつ思いだすの

くりかえし 夢をつなげて
誰とも違う場所に なにが待ってるの
瞳 閉じて まだ続いてゆく
この胸の響き 聴きましょう

ひとつになれるまで すべてになれるまで

基本情報

タイトル 波状の扉
歌手名 松本明子
作詞者 松井五郎
作曲者 後藤次利
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松本明子による最新楽曲

松本明子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「波状の扉」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!