「くつずれ」の歌詞・楽曲情報

松田亮治

「くつずれ」について

歌詞本文

寒いねと君が小さな手を 僕のポケットに滑りこませ
凍えた指をそっと温めてる
強がりな君の横顔に 少しでも曇りがある時に
笑顔で君の好きな歌 唄えるかな

白い息は今ひとつになって 夜空に溶けていく

何も言わないで 今この瞬間が続くといいね
僕はただ 見つめてる 願ってる
静かに積もるよ 粉雪

おろしたての黒いブーツのせいで 靴ずれした右足休めて
ゆっくりな君の歩幅に合わせてる

急がないで二人のリズムで このまま歩いてく

何も言わないで やがて僕らは分かり合うから
今はただ 抱きしめて 暖めて
全てを包んでいるから

静かに積もるよ 粉雪

基本情報

タイトル くつずれ
歌手名 松田亮治
作詞者 Ryozy Mazda
作曲者 Ryozy Mazda
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ブルース
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松田亮治による最新楽曲

松田亮治の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「くつずれ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!