「24/7」の歌詞・楽曲情報

松下奈緒

「24/7」について

歌詞本文

ひとりで出かける朝は
いつもの道 街路樹も
久しぶりに思えるの
まるで 旅人の気分ね

ひとりきりになりたいと
あのとき強がったけれど
風の音に誘われて
路地を抜け ふと見上げたら

広がる川のカーブ まぶしい東の空
そよ風 水面を揺らして 私の頬をなでる
あれから探してたの こころの帰る場所を
あなたのやさしい横顔 いますぐ会いたいの

ひとりで眺めてるの
橋の上 水上バス
知らない人が手を振る
なぜか 微笑んでしまうの

あの日のふたりの喧嘩
答えなんて出ないけれど
完璧な日曜日よ
他愛もなく 話したいの

夏には仕掛け花火 冬にはイルミネーション
見上げるまなざしをずっと 隣で見ていたいわ
いつでも探していた あなたの笑った顔
幼いふたりもいつしか 大人になったよね

かけがえのない
大切な場所
並んで 歩いていく
その肩越しから
見渡す
この町よ

広がる川のカーブ まぶしい東の空
下町 ビルのシルエット 行き交う人の流れ
この町を歩いたら やさしさ思い出した
明日はふたりで一緒に ご飯を食べようよ
一緒に おうちに帰ろうよ

基本情報

タイトル 24/7
歌手名 松下奈緒
作詞者 土岐麻子
作曲者 渡辺シュンスケ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松下奈緒による最新楽曲

松下奈緒の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「24/7」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!