「月光潤色ガール」の歌詞・楽曲情報

松下

「月光潤色ガール」について

歌詞本文

まんまるお月様 眺めていたら思ったんだ
地球にぽっかり空いた 穴なんじゃないかって
その向こうには 光の世界が広がって
寝てる間に夢も希望も 吸い込まれていくんだ

神様どうしてこんな ガラクタを創ってしまったの?
心のドアの鍵もなんか うまく挿さってくれないし

いつか私も光の中へ 飲み込まれて消えてしまうんだ
そして天使の輪っかを着けて 記憶なんて全部捨てちゃって
どうせ100年後にはみんな 溶けてひとつになってしまうんだ
それがあなたの望みならば もう迷うことなんてないよ

星が騒ぎ出せば 地球は壊れてしまうんだ
空のカケラはガラスみたいに 降り注いでゆく
すべてを知ろうとした 私の体に突き刺さって
憧れも愛し合う心も 切り取られてしまう

蒼い月の光に 照らされた傷が痛むんだ
あの人の名前もいつからか 言えなくなってしまったし

いつか私も光の中へ 飲み込まれて消えてしまうんだ
そして天使の翼を広げ 銀河の彼方まで飛んじゃって
どうせ100年後にはみんな 溶けてひとつになってしまうんだ
それが最後の望みならば もう何も怖くない

生まれ変わっても
きっとあなたに 巡り会える

いつか私も光の中へ 飲み込まれて消えてしまうんだ
そして天使の輪っかを着けて 記憶なんて全部捨てちゃって
どうせ100年後にはみんな 溶けてひとつになってしまうんだ
それがあなたの望みならば もう迷うことなんて

ないよ

基本情報

タイトル 月光潤色ガール
歌手名 松下
作詞者 れるりり
作曲者 れるりり
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松下による最新楽曲

松下の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「月光潤色ガール」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!