「未熟ないちご」の歌詞・楽曲情報

松崎ナオ

「未熟ないちご」について

歌詞本文

手と手縛りつけられて 瞼の裏に意味を見せつけ
「空と共にあれ。」と言う 風に身を寄せただ聞いてた
三日月が傾いて 覚醒する

心は炎の様に 身体は光を帯びてゆき
ボクは今何処にいるんだろう ボクに何をそんな望むの
白目をむいて花火 覚醒する

草村走り抜けて 野いちごとって食べた
「まだ早すぎたね。」と 誰かが言った Ah
未熟な生き物で 淋しさを知ってる
ただ涙が止まらない 早く見つけてよ

僕等は何を思おう ゆっくりとした時間の流れが
攻め立てられて潔く 膝をつきただ祈るだけか
飛び降りる妄想が 覚醒する

草村走り抜けて 未熟ないちご食べた
「まだ早すぎたね。」と 耳を打つ声が Ah
叫ん でも止まらない もがいても癒せない
ただボクはここに 立ちつくしている

風が吹いて 髪がなびく
目を目を目を閉じて 感じるんだ 感じるんだ
感じるんだ
踏みつぶしたいちごだけ
何故赤く輝いているの?

基本情報

タイトル 未熟ないちご
歌手名 松崎ナオ
作詞者 松崎ナオ
作曲者 松崎ナオ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松崎ナオによる最新楽曲

松崎ナオの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「未熟ないちご」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!