「海風」の歌詞・楽曲情報

まつざき幸介

「海風」について

歌詞本文

海風 海風 心に何も 残らぬように
海風 海風 涙の雫さえも

ほんの些細な 言葉が刺さり
ふたりの間に 溝を隠して
やがて渡れぬ 深い河が流れた
まるで ガラス 割れる みたいな
そんな 音が 胸に響いた
海風 海風 想いの欠片
心を刺して
海風 海風 愛した記憶さえも

時の悪戯 すれ違いから
ふたりの間に 影が潜んで
明日も見えない 寒い夜が続いた
まるで それは 薄い 氷の
道を 歩く 旅人のよう
海風 海風 遥かな海を 越えて来たなら
海風 海風 心の痛みさえも

海風 海風 心に何も 残らぬように
海風 海風 涙の雫さえも

基本情報

タイトル 海風
歌手名 まつざき幸介
作詞者 石森ひろゆき
作曲者 小田純平
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

まつざき幸介による最新楽曲

まつざき幸介の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「海風」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!