「湯島慕情」の歌詞・楽曲情報

松尾雄史

「湯島慕情」について

歌詞本文

倖せを あげると誓った あの女(ひと)が
誰かと 倖せ つかんだ噂
湯島不忍(しのばず) おもかげ通り
揺れてせつない 水面の月が
男ごころに あぁ 沁みる夜

切通坂(きりどおし) いつもの茶店の 片隅で
あの時 あの手を 離さずいたら
湯島不忍(しのばず) おもかげ通り
一生逢えない 女(ひと)だと知って
風も泣いてる あぁ おとこ坂

梅の香に 誘われ歩いた あの女(ひと)の
黒髪 襟あし 睫毛のしずく
湯島不忍(しのばず) おもかげ通り
歳月(とき)も流れて 変わらぬものは
水の青さと あぁ 泣く千鳥

基本情報

タイトル 湯島慕情
歌手名 松尾雄史
作詞者 菅麻貴子
作曲者 水森英夫
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松尾雄史による最新楽曲

松尾雄史の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「湯島慕情」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!